Kindle VoyageとOasisを比較!どっちを買うべきなの?

※2019年現在、Amazonでの『Kindle Voyage』の販売は終了しました。

Kindleシリーズの中でも特にハイスペックな『Kindle Voyage』と『Kindle Oasis』。

エントリーモデルの『Paperwhite』に比べて性能が高く、下位機種にはないさまざまな機能も搭載されています。

ですが、『Voyage』と『Oasis』を比較した情報は少なく、「どっちを買えばいいのか分からない」という人も多いでしょう。

そこでこの記事では、『Kindle Voyage』と『Kindle Oasis』の性能を徹底比較し、「どちらがおすすめなのか?」について解説していきます。

『Voyage』と『Oasis』のスペック比較

まずは『Kindle Voyage』と『Kindle Oasis』、それぞれのスペックを比較していきましょう。

※スマホの場合、右にスクロールできます。

Voyage Oasis
価格 23,980円 29,980円
内蔵ライト LED 6個 LED 25個
解像度 300ppi 300ppi
ストレージ容量 4GB 8GB/32GB
通信方式 Wi-Fi/Wi-Fi+3G Wi-Fi/Wi-Fi+4G
バッテリー 数週間 数週間
サイズ 162×115×7.6mm 159×141×3.4-8.4mm
重さ 180g 188g
画面サイズ 6インチ 7インチ
ページめくりボタン あり あり
防水性能 なし あり

単純なカタログスペックで比較すれば、最上位モデルである『Oasis』に軍配が上がります。

ストレージ容量は8GB、32GBから選択可能で、ディスプレイサイズも7インチの大画面です。

また、『Oasis』最大の特徴である、IPX8相当の防水性能も魅力。お風呂場やキッチンでも読書を楽しむことができます。

しかし、本体重量だけは唯一『Voyage』の方が優っています。わずか数グラムの差ですが、軽さを求めるなら『Voyage』もありでしょう。

created by Rinker
Amazon
¥31,980 (2020/08/04 20:14:58時点 Amazon調べ-詳細)

各項目ごとに徹底比較

ページめくり

『Voyage』『Oasis』のどちらにもディスプレイ横に「ページめくりボタン」がついています。

画面をスワイプしなくても、ボタンをタッチするだけでページめくりが可能。『Paperwhite』以下の下位機種にはついていない機能です。

『Voyage』は左右に1つずつページめくりボタンがついていますが、『Oasis』は片手でも操作できるように片側に「進む」「戻る」の2ボタンがついています。

寝転がりながらや電車の中など、片手で読書を楽しむなら『Oasis』のほうが便利でしょう。

大きさ

『Voyage』が6インチ、『Oasis』が7インチディスプレイとなっていますが、本体サイズは実はそこまで差がありません。

片手持ちしやすいように『Oasis』の方が横長な設計になっており、縦の長さでいうと『Voyage』のほうがやや長いくらい。

『Voyage』が新書サイズのような縦長で、『Oasis』は正方形に近い形です。

重さ

『Voyage』のほうが8gほど軽い設計に。唯一『Voyage』が優っている点ですね。

ただ、実際に使ってみると重さの差はそこまで感じません。

後述する持ちやすも相まって、『Oasis』は数グラム分の重さをカバーしています。

持ちやすさ

『Oasis』は片手でも持ちやすいように、片側がすこし盛り上がった構造になっています。

これによりグリップ感が増し、今までのKindleシリーズ以上に片手持ちがラクになりました。

ストレージ

『Voyage』は4GBしかありませんが、『Oasis』は8GBと32GBの2モデルが展開されています。

小説やビジネス書など、テキストベースの電子書籍を読むのであれば4GBでも十分ですが、マンガをたくさん読むのであれば8GB以上がおすすめです。

バッテリー

Amazonの公式アナウンスでは、『Voyage』も『Oasis』も「一日30分の利用で数週間は持つ」と表記されています。

しかし実際に使ってみると、『Oasis』のほうが若干電池持ちが悪いです(本当にすこしの差ですが…)。

ただ、それでも通勤時や寝る前に使用するくらいであれば、数日から一週間程度は充電なしでも大丈夫です。

フロントライト

『Voyage』の内蔵LEDの数は6個ですが、『Oasis』は25個も搭載されています。

見たときの明るさがまったく異なるうえに、照らしているライトの数が多い『Oasis』の方が光にムラがないという意見も。

防水性能

これまでのKindleシリーズは『Voyage』も含め防水対応していなかったのですが、『Oasis』でついに防水機能が搭載されました。

「入浴しながら読書を楽しみたい」という人には必須の機能なので、お風呂場で読書をする予定の方は『Oasis』一択でしょう。

価格

『Voyage』と最上位モデルの『Oasis』では、6千円の価格差ががあります。

防水機能や7インチディスプレイ、片手持ちしやすい設計、内蔵LEDの数、ストレージ容量で優っている『Oasis』ですが、そこに6千円分の価値を見出せるかどうかが購入のポイントになるでしょう。

まとめ:どうせ買うなら『Kindle Oasis』がおすすめ!

6千円ほど価格が安い『Voyage』ですが、正直いって現状は『Voyage』を選ぶ理由がほとんどありません。

2万4千円も出して『Voyage』を買うのであれば、6千円上乗せして防水機能&大画面&大容量の『Oasis』を買う方がおすすめです。

Kindleは一度購入すれば、数年は使える商品です。

購入時にすこしのお金をケチって、数年間後悔しつづけるのはあまりにも勿体ない。

『Voyage』が『Oasis』で迷っているなら、絶対に『Oasis』を購入したほうがいいです。

created by Rinker
Amazon
¥31,980 (2020/08/04 20:14:58時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です