Kindle unlimitedとは?使い方や登録方法、無料体験期間中に解約する方法も解説

Amazonが提供している月額定額制の読み放題サービス『Kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)』。

 

「どうやって使えばいいの?」「読み放題っていうけど、良い本あるの?」と気になる方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、『Kindle unlimited』とは何か、登録方法や使い方、利用時の注意点についてお話いたします。

 

『Kindle unlimited』ってどんなサービス?

 

月額980円で15万冊以上のKindle本が読み放題のサービス

 

『Kindle unlimited』とは、月額980円で書籍やマンガ、雑誌といったKindle本が読み放題になるサービスです。

 

対象となるタイトルは、小説やビジネス本、マンガ、雑誌、洋書など幅広いジャンルがあり、和書だけで15万冊以上のラインナップが存在。

 

980円というと新書一冊分くらいの価格なので、一か月に2冊以上読めば元が取れる計算です。

 

「とにかくたくさん読みたい!」「気になっていた本をまとめて読みたい!」という人におすすめのサービスとなっています。

 

『Kindle unlimited』はKindle端末以外でも利用可能で、Kindleアプリがインストールされたスマホやタブレット、PCからでも利用できます。

 

30日間の無料体験があるので気軽に試せる

 

Amazonサービスおなじみの、「30日間無料体験」は『Kindle unlimited』でもやっています。

 

「気になるからちょっと試してみようかな」と、気軽にサービスが利用できるのは嬉しいですよね。

 

もちろん、無料期間中に解約することも可能。30日以内にやめれば料金は一切かからずに15万冊以上の本を好きなだけ読むことができます。

 

【公式サイト】『Kindle unlimited』30日間の無料体験はこちら

 

『Kindle unlimited』の使い方

 

Kindleストアで読み放題タイトルを検索してダウンロードするだけ

 

『Kindle unlimited』の使い方は簡単です。

 

Kindleストアの「Kindle unlimited 読み放題タイトル」から、読みたい本のタイトルやジャンルを検索してダウンロードするだけ。

 

 

Kindle unlimited対象タイトルは、本を購入する欄に「読み放題で読む」と書かれているので、それをクリックすればOK。

 

 

全対象タイトルから人気順に表示させたり、「文学・評論」「社会・政治」「ビジネス・経済」「コミック」など、ジャンルごとの検索も可能です。

 

著者や出版社ごとに検索もできるので、「あの人の本が読みたいんだけど読み放題タイトルに入っているのかな?」という時もカンタンに見つけることができます。

 

『Kindle unlimited』の登録方法はカンタン

 

Amazonアカウントがあれば、1クリックで『Kindle unlimited』を始めることができます。

 

『Kindle unlimited』公式サイトから、「30日間の無料体験を始める」をクリックしてください。

 

【公式サイト】『Kindle unlimited』30日間の無料体験はこちら

 

 

 

クリックしてAmazonにログインすれば、これだけで登録完了です。すぐにでも読み放題を始めることができます。

 

また、30日間の無料体験であっても、クレジットカード情報の登録が必要になります(もちろん、無料期間中に解約すれば料金は請求されません)。

 

有料会員への移行は自動更新なので注意してください。「無料期間中に解約したい!」という人は、次項の解約方法もチェック。

 

『Kindle unlimited』を無料期間中に解約する方法

 

『Kindle unlimited』は30日間が過ぎると自動的に有料会員へと移行してしまうので、もし無料期間でやめたいのであれば、30日以内に「自動更新なし」の設定をしておく必要があります。

 

ちなみに、無料期間中に「自動更新なし」の設定をしても、30日間は『Kindle unlimited』を継続して利用できます。

 

その場ですぐに読み放題が使えなくなるわけではないので、もし最初から無料期間中に解約するつもりなのであれば、無料体験を始めてすぐに自動更新しないように設定しておくといいでしょう。

 

まずはAmazonの「アカウントサービス」から「お客様のKindle unlimited」を選択してください。

 

 

入会日や、いつから請求が始まるのかといった情報が書かれたページに飛ぶので、「メンバーシップを管理」のなかにある「Kindle unlimited会員登録をキャンセル」をクリック。

 

 

「メンバーシップを終了」を選択すれば、有料会員に自動更新されることなく無料期間中にやめることができます。

 

 

繰り返しになりますが、「メンバーシップを終了」を選択しても30日間はそのまま利用可能です。

 

また、一度解約したあとに再度登録することもできるので、「無料期間でやめるつもりだったけどやっぱり気が変わった」という場合でも大丈夫。

 

一度『Kindle unlimited』を解約したとしても、読んだ本のマーカー箇所やメモ状況、どこまで読んだかなどの読書状況はきちんと残ります。

 

再度その本をダウンロードした場合は、続きからちゃんと読むことができるので安心です。

 

『Kindle unlimited』利用時の注意点

 

同時にダウンロードできるのは10冊まで

 

『Kindle unlimited』は15万冊以上の書籍が読み放題ですが、端末に保存できる書籍の数は同時に10冊までとなっています。

 

11冊目をダウンロードするときにはすでにインストールしている書籍のどれかを削除する必要があるので注意してください。

 

しかし、並行して10冊も同時に読む人はなかなかいないと思うので、2、3冊ずつ読む人であれば心配ありません。

 

「読み放題対象タイトル」のラインナップが頻繁に変わる

 

『Kindle unlimited』は対象となっているタイトルしか利用することができないのですが、その読み放題対象タイトルがちょくちょく入れ替わるのがネックです。

 

人気本がラインナップから急に消えたりすることも多々あるので、気になるタイトルがあればその場ですぐにダウンロードしておくようにしましょう。

 

逆に、これまで読めなかった新作タイトルや過去の名作タイトルが追加されることもあります。読み放題対象タイトルのラインナップはたまに確認しておくといいかもしれません。

 

まとめ:30日間はタダで使えるので、とりあえず試してみるのをおすすめします!

 

月額980円で読み放題の『Kindle unlimited』は、本をたくさん読みたい人にとっては格安のサービスです。

 

一か月のあいだに「新書を一冊、雑誌の最新号を一冊ずつ」読んだだけでもう元が取れてしまいます。

 

「自分が読みたいタイトルがあるかわからない」という人は、下記リンクから読み放題対象タイトルを覗いてみてください。会員登録しなくても、対象タイトルを検索することができます。

 

【公式サイト】『Kindle unlimited』 読み放題対象タイトル一覧はこちら

 

対象タイトルを覗いてみて読みたい本があったり、「無料なら試しに使ってみたい」ということであれば30日間の無料体験を始めてみましょう。

 

【公式サイト】『Kindle unlimited』30日間の無料体験はこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です