Kindleは月額料金がかかる?いくら必要なの?

 

「Kindleって月額料金制なの?」「本体代以外にもお金が必要?」など、気になっている方もいると思います。

 

Kindleや電子書籍が一般的になるほど、こうした初歩的な質問は人に聞きづらいですよね。

 

この記事では、Kindle電子書籍リーダーに必要な料金について解説していきます。

 

Kindleは月額料金なしで利用できる

 

Kindle電子書籍リーダーは、月額料金制ではありません。

 

基本的には紙の本と同じように、買い切りの電子書籍を購入することで読むことができます。一度購入すれば、期限なしでずっと読むことが可能です。

 

AmazonのKindleストアを見ると、「Kindle版」と書かれている本があると思います。

 

 

Kindle版の商品を購入し、Kindle本体に書籍データをダウンロードすると、すぐに読み始められます。

 

Kindle版の本は、紙の商品に比べて安くなっていることも多いです。10%~20%OFFは当たり前で、安いものだと半額以下で購入できるので、Kindle本体を購入したとしても圧倒的にお得ですね。

 

Kindleを読むのに必要なお金

 

Kindleを読むのであれば、必要なお金は基本的に以下の2つだけです。

 

  • Kindle本体代・・・1万~1万5千円程度
  • 電子書籍代・・・1冊500円~1,500円程度

 

Kindle本体はモデルによって価格が異なりますが、一番人気の『Kindle Paperwhite』は定価15,000円くらい

 

さらに、セール中であれば4,000円引きで購入することも可能です。

 

Kindle本体を安く購入する方法については、「参考Kindle本体を安く買うには?値引き率が高くなるセール期間について紹介!」もご覧ください。

 

月額料金制の読み放題サービス『Kindle Unlimited』もある

 

基本的には紙の本と同じように、1冊単位で購入して読むKindle本ですが、月額料金制の読み放題サービス『Kindle Unlimited』もあります。

 

『Kindle Unlimited』は月額980円で利用でき、10万冊以上のビジネス書、小説、マンガ、洋書が読み放題になるサービスです。

 

もちろん、Kindleストアにあるすべての本が読めるわけではありませんが、ベストセラー本も数多く配信されているので、月に何冊も読むユーザーにとってはお得なサービスとなっています。

 

詳しく知りたい方は、「参考Kindle unlimitedとは?使い方や登録方法、無料体験期間中に解約する方法も解説」をご覧ください。

 

まとめ:Kindleは基本、月額料金なしで読める!

 

月額料金制の『Kindle Unlimited』もありますが、基本1冊ごとに買い切りで電子書籍を読むことができます。

 

Kindle本は紙の本よりも安いので、Kindle本体を買ったとしてもすぐに元を取ることができるでしょう。

 

「Kindle本体はどれを買ったらいいの?」という人は、「参考Kindle全モデルを徹底比較!各機種の違いやおすすめモデルも紹介!」に詳しく書いているのでお読みいただけたらと思います。

 

初めてKindleを購入する方は、一番人気の『Kindle Paperwhite』をおすすめしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です