Kindleは英語学習にも最適といえる5つの理由

グローバル化の波にさらされている現代の社会人にとって、もはや必須スキルとなっている英語力。

最近ではスマホやタブレット用の英語学習アプリも増え、通勤中などに勉強している人も多いかと思います。

ですが、“使える英語”を習得するためには、アプリでの英単語勉強だけでは不十分です。小説やビジネス書などの洋書を読み、”生きた英語”に触れることで英語力は飛躍的に向上します。

そこでおすすめしたいのが、Kindle電子書籍リーダーでの英語学習です。

今回は、「Kindleが英語学習におすすめな理由」についてご紹介したいと思います。

Kindleでの英語学習をおすすめする理由

数万冊以上の洋書が無料で読める

Kindleストアでは、著作権切れの作品やセール品などを合わせて、およそ6万冊以上の洋書を無料で読むことができます。

『Alice’s Adventures in Wonderland(不思議の国のアリス)』や『The Wonderful Wizard of Oz(オズの魔法使い)』といった名作文学もタダで読めるので、「何となく話は知っているけど、原作は読んだことがない」という人にもおすすめ。

英語力アップには「多読」が重要です。英単語や文法を覚えることも大事ですが、とにかくたくさんの英文に触れないと、なかなか英語を習得することはできません。

Kindleを持っていれば、数万冊の洋書が読み放題です。端末さえ購入してしまえば、Amazonのサイトからボタン一つで好きな洋書を読めちゃいます。

Kindle本体や容量も大きく、小説やビジネス書などテキストベースの書籍なら数千冊は保存可能です。いちいち重たい紙の本を持ち運ばなくてもいいのは嬉しいですよね。

また、月額980円で使える読み放題サービス『Kindle Unlimited』を使えば、さらに多くの洋書やビジネス書を読むこともできます。

『Kindle Unlimited』について知りたい方は、「Kindle unlimitedとは?使い方や登録方法、無料体験期間中に解約する方法も解説」もご覧ください。

辞書機能つきなので、手軽に単語の意味を調べられる

Kindleには、デフォルトで英和辞書機能がついています。文中の英単語をタップするだけで、単語の意味や発音、例文などを手軽に調べることが可能。

洋書を読んでいると、どうしても分からない単語が出てくると思います。そんな時にいちいち辞書を開いて、意味を調べて…とやっていると、読書への集中力が途切れてしまいますよね。

Kindleなら読書をしながらスムーズに単語の意味を調べることができるので、集中力を切らさずに洋書を読み続けることができるでしょう。

Word Wise機能で難しい単語も安心

Kindleの「Word Wise機能」とは、難しい英単語を簡単な英語表現で解説してくれるものです。

たとえば、「kidnapped」という単語があったら、その上に小さく「to take away by force」というように、その単語の意味を嚙み砕いた表現を自動で表示してくれます。

「辞書を引けば分かるけど、できれば自力で解きたい。でもサポートは欲しい…」というワガママな要望に応えた機能ともいえます。

Word Wiseの「表示/非表示」という切り替えのほか、表示数を自由に調整することも可能です。

「たくさんヒントが欲しい!」という人はWord Wiseの数を増やして、「一部の難しい単語だけでいい」という人は、少なめに表示して読むといいでしょう。

 軽くて片手でも持ちやすい

英語学習をしている人の中には、「通勤中の電車で勉強している」という人も多いと思います。

ですが、単語帳やスマホアプリでの勉強ならいざ知らず、満員電車のなかで洋書を読もうとするのはなかなか困難です。

Kindle本体は重量が軽いうえに、『Kindle Voyage』や『Kindle Oasis』といった上位機種には、片手でもページがめくりやすい「ページめくりボタン」も付いているため、電車の中での片手持ちに適しています。

バッテリー持ちも良く、1日1時間程度の利用であれば、2~3週間くらいは充電しなくても使うことが可能です。

移動中に洋書が読めるようになると、英語学習の効率は一気にアップするでしょう。電車の中で洋書を読みたい方は、Kindleが圧倒的におすすめです。

紙の本のような読み心地で、目が疲れにくい

Kindle電子書籍リーダー最大の特徴が、紙の本のような読み心地を実現した「e-inkディスプレイ」です。

e-inkとは、特殊な電気制御によって色のついた粒子を画面に表示する仕組みで、いわゆる「電子インク」とも言われています。

スマホやタブレットなどの液晶画面とは違い、ディスプレイ自体は発光しないので、紙の本のように自然光を使って読むことが可能。

Kindleはブルーライトも発しないため、長時間の読書でも目が疲れにくいという特徴があります。

洋書はボリュームがある作品も多いので、目が疲れにくいのは嬉しいですよね。

まとめ:Kindleは英語学習にも最適!

英語学習、特に洋書の多読による英語学習を考えている方は、Kindleがおすすめです。

数千冊以上の洋書を一台に保存することができ、紙の本のような読み心地で読み進めることができるKindle。もちろん、洋書以外の読書にも使えるので、本好きなら1台は持っていても損はありません。

「Kindleの選び方が分からない!」「どれを買えばいいの?」という人は、▼こちらの記事もどうぞ。

created by Rinker
Amazon
¥15,980 (2020/08/04 11:56:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazon
¥31,980 (2020/08/04 20:14:58時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です