Kindleで使えるおすすめのモバイルバッテリーを紹介!外出先での電池切れ対策に

Kindleは非常に電池持ちがいいので、通常使用であれば1~2週間程度は平気で持ってくれます。

 

しかしあまりに電池持ちが良いせいで、つい充電するのを忘れてしまいがち。外出先で使おうと思ったら「あ、電池が切れてた!」なんてことも起こりかねません。

 

いつでもストレスなくKindleを使うのであれば、モバイルバッテリーを持っておくと安心です。

 

そこで今回は、Kindle端末で使えるおすすめのモバイルバッテリーをご紹介いたします。

 

Kindle用モバイルバッテリーの選び方

 

ポートが2つ以上ついている大容量タイプを選ぶ

 

最近のモバイルバッテリーは、コンパクトな商品でもUSBポートが2つ付いているものも多いですが、中には1つしか付いていないものもあります。

 

Kindleの充電には意外と時間がかかるので(フル充電まで約4時間程度)、もし同時にスマホの充電もおこないたい場合、USBポートが1つしかない商品だと困ってしまいます。

 

同時充電できるように、USBポートが2つ付いている大容量タイプのモバイルバッテリーを選びましょう。2.4A出力のポートが2つ付いている商品がベストです。

 

信頼できるメーカーから購入する

 

モバイルバッテリーは国内外を問わず、さまざまなメーカーから販売されていますが、信頼できるメーカーから購入することがとても大事です。

 

モバイルバッテリーによっては、過充電や発熱による火災事故の発生例もあります。

 

「安いから」という安易な理由で選ばず、信頼性のあるメーカー商品を購入しましょう。

 

Kindle用おすすめモバイルバッテリー

 

Anker PowerCore 13000

 

 

発売日 2015年9月15日
発売元 Anker
サイズ 97.5×80×20mm
重量 255g
電池容量 13,000mAh
ポート 2.4A×2つ
参考価格 3,200円

 

Kindleで使えるモバイルバッテリーの中でも、僕が一番おすすめするのがAnkerの『PowerCore 13000』です。

 

2015年の発売以来、その品質の高さからファンが増え、今ではAmazonのレビュー件数が3,000超え、評価も星4.5と非常に高い商品。

 

 

容量も13,000mAhと大容量で、iPhoneを約5回、Kindleも約2回充電できます。もちろん、ポートは2ついているので同時充電可能です。

 

この大容量ながら重量も約255gとモバイルバッテリーとしては軽く、持ち運びも苦じゃありません。専用のポーチもついているので、カバンにそっと忍ばせておくことができます。

 

Ankerの製品は安全性の高さもウリです。18ヶ月の保証つきなので、故障や不具合があっても安心。

 

Kindleに限らず、スマホやタブレットなどあらゆるデバイスが充電可能なので、一つは持っていても損じゃありません。

 

 

cheero Power Plus 3

 

 

発売日 2014年10月27日
発売元 cheero
サイズ 92×80×23mm
重量 245g
電池容量 13,400mAh
ポート 2.4A×2つ
参考価格 2,600円

こちらもAmazonでの評価が高い、大容量モバイルバッテリー。電池容量は13,400mAh、ポートも2.4Aが2つ付いているので、性能としては申し分なしです。

 

安全機能として、過充電や発熱、充電完了時に自動停止してくれます。「ついKindleに差しっぱなしのままカバンに入れちゃった!」という時でも、充電が完了すれば勝手に止まってくれるので安心。

 

定価は6,000円オーバーとやや高いのですが、発売から時間が経ったこともあり、実売価格は2,600~3,000円程度に下がっています。手ごろな値段で購入できるモバイルバッテリーとしておすすめです。

 

 

まとめ:モバイルバッテリーを持っておくと安心!

 

本好きにとって、外出先で本が読めなくなるのはものすごいストレスです。Kindleの電池切れを気にせずに使えるよう、モバイルバッテリーを1つ持っておくと安心。

 

一回購入すれば2~3年は十分使えるので、まだ持っていないという方は購入してみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です