Kindle Paperwhiteは黒か白か、どちらを買うべき?

 

『Kindle Paperwhite』はブラックとホワイトの2色が展開されています。

 

性能はどちらも同じですが、どっちを買うべきなのか迷うという人もいるかもしれません。

 

この記事では、『Kindle Paperwhite』の黒と白、どちらを買うべきなのか。またそれぞれの違いやメリット・デメリットについて解説していきます。

 

黒と白、性能は全く同じ

 

『Kindle Paperwhite』のブラックとホワイトは、どちらも性能は変わりません。

 

両方とも「Wi-Fi」「Wi-Fi+3G」の2つの通信方式が販売されていますし、ストレージ容量も4GBで同じ(『Paperwhite マンガモデル』の場合は32GB)。

 

起動するたびに広告が表示される「キャンペーン情報つき」と、広告非表示の「キャンペーン情報なし」の2モデルがあるのも同じです。

 

当然、サイズや重量も変わらないので、違いは本当に”色だけ”ということになります。

 

しかし、その”色だけ”の違いの中にも、実は大きな差があったりするので、購入する前によく考えなければいけません。

 

『Kindle Paperwhite ブラック』の良い点・悪い点

黒い枠は読書に集中しやすい

 

 

ブラックは、画面のフチが黒い枠で囲まれています。一般的に、黒い枠のディスプレイは、白に比べて画面に集中しやすいと言われています。

 

そのため、読書に集中して楽しみたいのであれば、白よりも黒の『Kindle Paperwhite』を購入した方がいいでしょう。

 

(もちろん、ホワイトモデルだからといって気が散るというわけではありませんが…)

 

「スタンダードな色を持っている!」という実感

 

「MacBookといえばシルバー」「PS4といえばブラック」など、「この端末ならこの色!」というイメージがある方も多いと思います。

 

『Kindle』シリーズのスタンダードカラーは黒なので、ブラックモデルを持っていると「自分はKindleを使っているんだ!」という実感が湧きやすいというのはあるかもしれません。

 

僕も昔は特にそうだったのですが、「ゲーム機本体はスタンダードカラーを買わないと気が済まない!バリエーションカラーは邪道!」と思っていた時期がありました。

 

基本色に魅力を感じる人は、ブラックモデルを購入するのがいいと思います。

 

指紋が目立ちやすい

 

「黒の方が汚れが目立ちにくい」と思われがちですが、こと『Kindle Paperwhite』においては、ブラックモデルのほうが指紋などの汚れは目立ってしまいます。

 

特に画面のフチは手の油や指紋が目立つので、汚れが気になる人はこまめに拭かなければいけません。

 

『Kindle Paperwhite ホワイト』の良い点・悪い点

とにかくデザインがオシャレ!

 

 

これは個人の感想ですが、ホワイトモデルの方が洒落たデザインだと思います。

 

白はインテリアとしても映えるので、テーブルの上に置いてあっても主張しすぎず、しっかりと馴染んでくれます。

 

手に持った時もどことなく洗練されている感じがして、僕としては白の方がデザインは好みです。

 

また、ホワイトモデルの方が後発なので、「黒に比べて持っている人が少ない」というのも、他の人と差別化できて良いですね。

 

指紋が目立ちにくい

 

ブラックモデルに比べれば、白の方が指紋が目立ちにくいです。こまめに拭かなくても気になりません。

 

使い続けていると、くすんでくる可能性も

 

日常使いでの指紋は目立ちにくいホワイトモデルですが、ずっと使っていると、本体がくすんでくる可能性もあります。

 

カバーを付けて使っていれば大丈夫だと思いますが、カバーありで使うとどうしても重たくなってしまいます。

 

「カバーを付けずに使いたい!」という人は、長期間使い続けてもくすみが目立ちにくいブラックモデルの方がいいかもしれません。

 

まとめ:どちらも一長一短!最後は好み次第

 

白も黒も性能は変わらないうえに、どちらも一長一短です。結局は好みで決まりますね。

 

スタンダードな色が欲しいならブラックモデル、人とは違った色が良ければ、ホワイトモデルがいいでしょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です